つらいつわりの症状について

全身きれいに > 妊娠出産関連 > つらいつわりの症状について

つらいつわりの症状について

妊娠は喜ばしいことですが、妊娠した人の多くの人がつわりに悩まされます。
早い人では、妊娠がわかったときからつわりの症状を感じ始めます。人によっては、全くつわりを感じない人もいるようです。
つわりの原因はよくわかっていませんが、妊娠による女性ホルモン量の急激な変化が主な原因ともいわれているようです。
つわりの症状には、吐き気や嘔吐、眠気やだるさ、頭痛などがあげられ、人によって感じる症状はさまざまです。
つわりは一般的に妊娠3カ月頃まで続きますが、4カ月頃になると少しずつ落ち着いてきます。
ですが、1日中ずっと吐いていて食べ物が食べられない、体重が急激に減少してしまう、など重たい症状を感じる方もいるようなので、そのような方は、1度産婦人科で相談した方がよいでしょう。
つわりの時期を乗り切る方法として、まずはこまめに水分をとるという方法がよいようです。また、空腹になると吐き気やムカムカを感じる人は、こまめに食べ物を口にするとよいと思います。
そして何よりも、つわりの辛い時期を家族の人に協力してもらって、家事などは手抜きして無理のない生活を心がけるとよいでしょう。
妊娠 つわり
つわりの期間がどのくらい続くかは、個人差が大きいようです。
ほとんど悪阻がなかったという人もいれば、何ヶ月も続いてしまう人もいます。
なるべく楽に過ごせるようになると良いですね。